mes loisirs



<   2005年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


本を読もう。
ハルの読書週間ということにした。

ふと、手にした村上春樹の本、非常に風俗的な小説だが、面白い。
この間話したこれだ.…仏語ではau sud de la frontiere,a l'ouest du soleil
http://www.critiqueslibres.com/i.php/vauteur/933/

特段に面白いわけでもないが、自分にとってはイメージがわくので、フランス文学より読みやすい。
Marionという女の子に、羊を巡る冒険を薦められたので、是非読んでみたい。
まぁ、読書は帰ってからでもできるので、買い込んで、送っておくというのも一つの手だ。
今は人との対話や、ここでしか出来ないもの、に集中すべきだ。

Je dois lire le livre.
On va dire que "le printemps de la lecture".

Je l'ai pris a la main,par hasard,mais ce n'est pas mal,alors qu'il y a un peu de peinture des moeurs.
Il n'est pas genial,neanmoins il est plus facile a imaginer la situation et a lire,pour moi.
Il y a une amie Marion qui m'a propose de lire "La course au mouton sauvage" alors ,je n'ai qu'a le lire.
Il est evident que je pourrai pas parler avec les francais quand je serai au japon, tandis que je pourrai faire la lecture.
En fait,je dois se concentrer ce que je peux pas faire au Japon,par exemple.
[PR]
by korecoba | 2005-04-28 00:32 | 日誌

Il fait beau,pour le moment...
D'apres le meteo,il pleuvra.En tous cas,tout le ciel s'assombrit.
Je veux bien essayer de bouger,alors que j'ai encore mal a la cheville.
A la radio,il y a moins de rumeur en ce qui concerne Pape Benoit 16.

Alors,moi je vais dejeuner avec Franck comme toujours.

Apres on verra le temps reste beau ou change.
[PR]
by korecoba | 2005-04-23 20:14 | 日誌

おっぷ

就活

大変そうだ。
うちの大学のT君がM総研、そして、T大の友人K君は車会社狙いなので、Renaultと提携しているN企業に内定した。

周りが、どんどん、会社に内定していく・・・。

中には全然決まらない人も居るのに・・・、まぁ何とかなるかなぁ。

がんばろ、おらも。
[PR]
by korecoba | 2005-04-21 18:13 | 日誌

おす

What are they fuck'in doing there?

19の頃に、初めて見たカナダのバーで。
生の演奏、はちきれんばかりの人、溢れんばかりのエネルギー。
人間の躍動感を感じるバーだった。
生の演奏に合わせて、若者の体が踊っていた。

一度も訪れたことの無い異空間に、言葉に表せない感情を覚えた。

外国のヤツラは若い時思いっきり遊ぶ。
エネルギーや人間とのコンタクトでの微妙なニュアンス、どうやったら面倒じゃないか考えたりする能力、それがヤツラの強みだ。

日本に、こんな元気な若者は居るんだろうか?
日本人の仲間に遊べとは言わない。
元気になって欲しい。

ディスコは個人的に嫌いだが、皆が非常にオープンなbarは好きだ。

日々、鬱憤を貯めて、テレビ、インターネット、机上の論理で言葉を並べれば、満足か?

自分の考えを面と向かって周りにぶつけられる空間が、あなたの周りには存在するか?
彼氏、彼女、家族、同僚、それでもいい、でも俺は、もっと強欲だ。
もっと、色んな人と話したい、自分の意見をぶつけてみたい。
色んな人の意見を吸収しなければ、結局大きな人間にはなれない。

偉い人と話したから偉いのか?

偉い人は本当に偉いのか?社長や先生、官僚が本当に偉いのか?

そいつは、ただ偉くなりたくて頑張ってきたヤツかもしれない、ただの年増かもしれない。

自分の目で見極めろ、今まで培った唯一の能力で。

仕事が好きでたまらなくて、没頭する人も居る。
けど、色んな人に面と向かって言いたいこと言って、"仕事外に"自分を表現できる空間を持って欲しい。
それが、飲み会なら、それでもいい。
日本には、残念だけど、オープンな空間って少ないかもしれない。

・・・そんな時、仲間ってのはいいもんだなぁ、きっと。
[PR]
by korecoba | 2005-04-18 18:49 | 日誌

おなか

おなかが痛い。

昨日乳酸菌入りビスコ食べたせいかな・・・。

昨日は台所と、洗面台の排水をした。
二つとも、詰まってピンチな状態だったので・・・。
それぞれ、下に設置している排水パイプをはずし、中の汚れをとりのぞいた。
洗面台は主に、髪、石鹸などの汚れが蓄積したもの、
台所は、カレー、米、食物の汚れが蓄積したもの、であった。

今日はその台所の電気レンジ周りを綺麗にした。

あと、2ヶ月で出て行かなければならないしね・・・。

とにかく、最近はラボにもすっかりなれて、新しく入ってきたstagiaire(2,3ヶ月~1年など、一定期間集中的に研究を行う学生)に機器の使い方や、容器の場所、を教えるまでになってきた。
まぁ、9月からほとんど、一日中、ラボに居たので、当たり前かも・・・。

あと、誰か村上春樹の小説"au sud de la frontiere,a l'ouest du soleil"を買ったが、これは"国境の南、太陽の西"という本らしい、まぁ、読む暇があったら読もうと思う。


昨日は"A la folie,Pas du tout "というDVDを見た。Amelie、la langue dimanche de fiancailleの主演女優Audrey Tautouが出演する作品だが、内容が重い。
映画の中には可愛いシーンも出てくるので退屈こそしないが、男性にはお勧めできない。

結局、恋愛妄想系精神異常者の話で、映画の終わりに、"Bien que mon amour soit fou,ma raison calme les trop vives douleurs de mon coeur en lui disant de patienter,et desesperer tojours."
「私の愛は狂っているけど、私の理性は、永久に激しい心の苦しみを抑えている、我慢してあきらめるんだっって言いながら…」
50年以上精神病患者として収容された、女の人の言葉らしい。怖い、怖い。

皆さん女の子には気をつけて下さい。
[PR]
by korecoba | 2005-04-17 18:38 | 日誌

えーー

こちらの滞在期間も短くなってきた。
色々忙しくなる。

ところで、
仏で「死ぬ権利」新法成立、積極的安楽死は認めず (読売新聞)
フランス上院は13日、末期患者が延命治療を拒否できる「死ぬ権利」を認め、人工的に生命を維持する以外に手段がない場合は医師の治療停止を可能とする法案を賛成多数で可決した。
すでに下院を通過しており、新法として成立した。

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/france.html

これに対し、フランス、le monde紙では、
http://www.lemonde.fr/web/article/0,1-0,36-638387,0.html

この法律についてはフランス政府で討議が重ねられた上、"安楽死"の代案として作製された。安楽死を認める法律についてはDouste-Blazy氏は、"自分が厚生大臣であるかぎり、否認し続ける"と述べている。また、2003年に植物人間状態だったVincent Humbertが自殺したことが、この法律へ繋がったと記してあるが、討論好きのフランス人が2年で法律を改正するのは自分にとっては驚きである。
まぁ、討論の目的が何なのかも見えず、結局何も決められない日本の政治よりはマシだが・・・。
アメリカとかって、もう安楽死容認されてるんだっけ?誰か教えて。
こういうの政治や経済は苦手なので、toyoやtakato、Motokiに任せます。


最近、食は進むし、寝ても寝ても寝たり無い。寝ないと、頭が痛い。

まったく困った。1週間以上サッカーをしないと、これだから困る。
トヨの内定決まったところはきっとN総研だと踏んだんだが、違うのかな。

俺は、おとなしく中小企業で地道に暮らそうっと。
もちろん、東京からは離れます。
東京は便利だけど、やっぱり日本の環境を味わうには静かなところがいいね。
今、非常に田舎っぽいところに2年連続で住んでみた結果、悪くないと思う。

眠い、コーヒーを朝7時と昼14時に飲んだのになぁ・・・。
さぁて、今日は街に行かなくては。田舎なのでね。
街に行くのは10日ぶりくらい。

それでは行って参ります。
[PR]
by korecoba | 2005-04-15 23:50 | 日誌

この間

この間の話。

公務員も、もちろん、働く部署に寄るらしいです。
それから、別の印象では、国立の研究所で働いている研究者については多かれ少なかれ結果を出していて、頭の切れる人ばかりです。もちろん、大学の先生達も、切れる人ばかりですが・・・。

つまり、仕事も、頭を使うか、身体を使うか、の違いですかね。

あ、色々ヘンなことを述べてきましたが、きっと季節の変わり目だったから、ということにしておきます。

考えて、考えて、考えた結果、結構やりたいことが絞れて来た気がします。

企業に就職する場合、勤務地、給料、仕事内容などがありますが、自分は勤務地はどこでもいいかな、何て思ったりもしてます。

やはり、自分の目的に突き進むのが一番です。

友人のトリスタン、フランク、2人のフランス人が日本に来そうです。
二人とも、相当仲良かったので、楽しみです。
皆さんよろしく。
[PR]
by korecoba | 2005-04-14 18:28 | 日誌

je suis japonais!?

去年、今年、と国立の研究所(日本、フランス)で勉強させていただいている率直な感想を述べてみる。フランスでは国家公務員をFonctionnaireと呼ぶ。動詞としてはfonctionnaliser(機能的にする)だが、本当に機能しているのかは疑問だ。日本と比べて休日に活動する研究者は少ない。ただ、国際学会の多い点では似ているし、17時、18時に大半は居なくなる点も同じである。日本では特に事務で働いている人に、残業をしている人が多かったが、こちらでは非常に少ない。
悪い点での共通点は大学でのadministrationに従事する人間の対応の悪さだ。
フランスでは自分が外人だからかもしれないが、非常に不親切だ。その辺で歩いている学生に尋ねたほうが、ずっと親切な対応をしてくれる。
前にも話したが、フランスの研究所の食事は驚くほど美味い。料金の制度も、給料に応じて高くなるという非常に論理的なシステムだ。

まぁ、以上どうでもいい話をしたが、とにかく公務員になる人には、心から国を変えてやりたいとか、この施設に従事する仕事がしたい、という人以外は、定時で仕事をして、自分の時間をとっている。

自分の考えでは、家族を第一に考えて行きたければ、公務員になるのが一番だ。
どこへ行っても、家族との時間が持てることが強みである。
もし、自分の好きな道で仕事したいならば、色々な日本の企業を探せば、きっと見つかるはずだ。ただ、残業の多さには非常にうんざりする。去年、研究所に来ていた、F化学の人については、土日も関係なく、家に居る時間もほとんど研究所こもりっきり、みたいな生活をしていた。

どこの企業に行っても、残業は多いだろうが、スペインのように昼寝休みのあるような、国から見れば考えられないほど、仕事時間は多いんだろうな。まぁ、効率が良いかどうかは別だが。


そういえば、最近同僚の研究者の子供を見ることが多いが、子供っていうのは可愛いものだ。
本当に生意気になるまでは、宝物だろうと思う。子供とずっと一緒に居たいなら、公務員カナとか、考えたりもする。まぁ難しいところだ。

最近、色々な会社をネット上で見るが、本当のところは確認しにくい。やはり、OB訪問をする方が一番だろう。

トヨ君のサイトは非常に勉強になります。特に経済的なことや、政治的なことは、自分は大変勉強不足ですので、毎回読み続けて行きたいと思います。
[PR]
by korecoba | 2005-04-07 01:39 | 日誌

先週末

Je suis alle a l'Ile d'Oleron ce week-end.
Il y avait un tournois du goot des chercheurs de CNRS.
On mange,on boit,on dors et on joue au foot.
Cela m'a fait vraiment plaisir.Je trouve qu'il n'ya aucune chose qui soit meilleure que ca.C'est tres dommange qu'il n'y aura plus de telle occasion .先週末は、サッカー大会があったので、オレロン島に行ってきた。(LAROCHELLEの西にある小さな島です。)食って、飲んで、寝て、サッカー。これ以上最高なものはないだろう。
人生で一番楽しい時間がこれで最後だと思うと、非常に辛い。

Il y avait 2 equipes du Paris,et 1 equipe de Toulouse.
Il est regrettacle que les Toulousains aient remporte la victoire.
パリから2チーム、トゥルーズから1チーム来ていたが、トゥルーズが優勝したのは非常に悔しい。

Pour moi,il y avait une meilleure condition pour jouer dans un grand terrain
.mais j'aurais du declarer mes intentions...
puisque Je jouais a la position de NUMERO 10 au debut,(au Japon on l'appelle Top-Shita)、mais ca se fonctionnait pas du tout.
Apres,je jouais au latteral gauche et au attaquant.Ca se fonctionnait mieux.
自分にとっては大きなグランドでプレイするこの上ないコンディションだった。
自分は日本で言うトップ下の位置で初めはプレイしたが、非常に難しかった。
左サイド、トップでプレイすると、未だマシなプレイが出来た。

Ce qui etait dommage c'Est qu'il y avait un blesse un peu grave pendant le match,et il etait envoye par l'ambulance.Il y avait trop de fautes de l'arriere,de plus les adversaires nous a geules chaque fois...
Il me semblait tres tres bizare qu'il geulent,alors qu'ils joueaient pas bien.
On a failli de se bagarrer,c'etait vraiment dangereux...
残念だったのは少し重大なけが人が出たことだ。
彼は救急車で運ばれたし、酷い後ろからのファールがたくさんあり、 さらに敵は口も悪かった。
下手なくせに、つべこべ言うし、見ていられなった。
もう少しで、乱闘になるところだった。危ない、危ない。

En tous cas,c'etait une belle experence.
Je remercie beaucoup a Olivier qui m'a invite et m'a emmene la-bas.
Et aussi,les autres coequipiers.

とにかく、まぁ楽しい経験だった。
全ての面でフォローしてくれた、チームメート、特に、同僚のOLIVIERには感謝している。
(さらに、彼はルームメートがマラリアの時にも助けてもらった。)
b0045935_3154130.jpg

[PR]
by korecoba | 2005-04-05 03:16 | 日誌


個人日誌
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30